歯を失ってしまったら

歯を失う原因は主にふたつ。「虫歯や歯周病で回復が不可能だった場合」と「何らかの原因で歯の根もとが折れてしまった場合」です。前歯など見える部分の歯を失った場合はどなたでもすぐに補おうと考えられますが、奥歯で見えない場合には放置される方もいらっしゃいます。

しかし、歯がないまま放置していると、歯並びが乱れたり、噛み合わせが乱れたりして、口腔内環境を乱してしまうことにつながります。歯を失ってしまった場合には、できるだけ早く、歯を補う治療をご検討ください。

従来の治療方法とインプラント

歯を数本失った場合
  • 従来の治療

    ブリッジで対応します。ただし、両隣の健康な歯を大きく削らなければなりません。また、場合によっては神経を取ることもあります。

  • インプラント治療

    歯の欠損部分に人工歯根を埋入し、人工歯を装着します。両隣の歯を削る必要はありません。

歯を部分的に失った場合
  • 従来の治療

    部分入れ歯を使用します。手軽に歯を補うことができますが、固定するために金属のバネを他の歯に引っ掛ける必要があり、そのバネが目立ち、異物感もあります。また、バネを引っ掛けた歯に負荷がかかる、入れ歯の下の顎の骨が痩せてくるため作りかえる必要があるといったデメリットがあります。

  • インプラント治療

    インプラント治療は、歯を失った部分に人工歯根を埋入して人工の歯を固定するため、バネなどがなく異物感もありません。また、周囲の歯などに負担をかけることがなく、顎の骨も痩せにくくなります。

すべての歯を失った場合
  • 従来の治療

    総入れ歯を作製することで手軽に歯を補うことができます。ただし、保険診療の入れ歯の場合は噛む力が入りにくく、ずれたり外れたりしてしまうこともあります。

  • インプラント治療

    数本のインプラントを支えにして入れ歯を固定します。インプラントは顎の骨としっかり結合するため、入れ歯がずれたり外れたりすることはなく食事や会話を快適に楽しめます。また、取り外すわずらわしさもありません。

インプラント治療について

  • 術前検査
  • 取り扱いメーカー
  • 治療の流れ
  • Q&A

インプラント治療は入れ歯やブリッジなどの治療に比べ、自然に仕上がる点や、周りの歯に負担をかけない点などが注目され、現在多くの方が治療を受けられています。ただし、まだまだ新しい治療であるため、医師の技術が伴わず、トラブルが起きているのも現状……。実績豊富な医師による治療が求められています。

取り扱いインプラントメーカーについて

数多くのインプラントメーカーがありますが、インプラントのパーツはそれぞれのメーカーで互換性がありません。そのため、シェアが小さかったり安さばかりを売りにしていたりするメーカーのインプラントを使用した場合、以下のような懸念があります。

1.メーカーが突然倒産した場合、修理などに使用するパーツが入手できなくなる
2.患者様が引っ越された場合に近所にそのメーカーのインプラントを使用している歯科医院がないと、長い距離を通院しなければいけない

当院ではこのような心配がないように、世界トップシェアにランクされ、日本でも扱っている歯科医院の多いノーベルバイオケア社のインプラントを使用しています。もちろん、品質の信頼性も高いメーカーですので、安心してご利用いただけます。

インプラント治療は入れ歯やブリッジなどの治療に比べ、自然に仕上がる点や、周りの歯に負担をかけない点などが注目され、現在多くの方が治療を受けられています。ただし、まだまだ新しい治療であるため、医師の技術が伴わず、トラブルが起きているのも現状……。実績豊富な医師による治療が求められています。

インプラント治療の流れ

検査と治療計画

  • 問診:インプラント治療を選んだ理由や要望などをお聞きします
  • 既往症の検査:歯を失った原因や今までの治療を確認します
  • 現症の検査:現在のお口の中の状態を確認します
  • 口腔内模型検査:お口の中の型をとり、顎の骨の状態や歯ぐきの状態を確認します
  • レントゲン・CT検査:骨量、骨質、骨形態を予測するための検査をします
  • 内科的検査:インプラント治療の障害となる病気や異常がないかを検査します
  • 術後の口腔内予測:どこにインプラントを埋入するかを検討し、治療後の状態を予測します

当院では、CTを使い細部にわたり検査を行います。そうすることで、患者さんのお口の状態を見えない部分まで確認できます。
※CTは近隣の提携医院にて撮影します。

インプラントの埋め込み手術(1次処理)

埋め込む部分の歯ぐきを切開し、顎の骨にインプラントを埋め込み、開いた歯ぐきを縫い合わせます。手術時間は2時間前後です。

当院では患者さんの精神的負担を軽減するために、「局所麻酔」や「笑気ガス鎮静法」、「静脈内麻酔」を用いています。また「生体モニター」も使用し、脈拍や血圧など全身の状態も診ながら治療を行いますので、心臓疾患や高血圧などをお持ちの患者さんも安心して手術をお受けいただけます。

インプラントと骨の結合(治癒期間)

1次手術後、インプラントを埋めた部分と骨がしっかり結合するまで、約3~6か月の治癒期間(個人差があります)を設けます。その間は、日常生活に支障が出ないように仮の歯を使用します。なお、骨の結合が良好なケースでは、早めに歯を入れることも可能です。。

治癒期間後の処理(2次処理)

インプラントと骨がしっかり結合したら、次は人工歯の取り付け準備を行います。歯ぐきを小さく切開して埋め込んだインプラントの頭部を出し、人工歯の接続に必要な土台(アバットメント)を取り付けます。その後、そのまま歯ぐきが治るまで約1~6週間置きます。※2次手術を行わない1回法も行っており、患者様のお口の状態によって採用します。

人工歯の型取りと装着

歯ぐきが治ったら、お口の型を取り、インプラントに取り付ける人工歯(セラミック)を作ります。型を取る際、患者さんに合わせて歯の形や色・歯並びを確認します。
できあがった人工歯を装着して、治療完了です。

メインテナンス

治療後は1週間後に検査を行います。その後は患者さんのお口の状態によって異なりますが、1か月後、3か月後、6か月後に定期検診を行います。

当院の院長は、国際口腔インプラント学会の指導医としても活動するインプラント治療実績の豊富な歯科医師です。数多くの症例に対応してきた経験とノウハウを生かし安全・安心の治療を行います。どうぞ安心してお任せください。

インプラント治療は入れ歯やブリッジなどの治療に比べ、自然に仕上がる点や、周りの歯に負担をかけない点などが注目され、現在多くの方が治療を受けられています。ただし、まだまだ新しい治療であるため、医師の技術が伴わず、トラブルが起きているのも現状……。実績豊富な医師による治療が求められています。

インプラント治療Q&A

歯が1本もなくても大丈夫ですか?

なぜインプラントは顎の骨に固定されるのですか?

交通事故で歯を失ったのですがインプラント治療はできますか?

金属アレルギーの心配はありませんか?

インプラントが抜けてしまった場合はどうなりますか?

インプラント手術時に神経や血管が損傷しないかこわいのですが……

人工歯が壊れることはありませんか?

治療は痛くないですか?

インプラントは安全ですか?

入れ歯治療について

インプラントは優れた治療ですが、「手術が怖い」「高額だから」という理由で抵抗を感じる方もいらっしゃいます。当院では、そのような方に無理にインプラント治療をおすすめすることはありませんので、ご安心ください。インプラント治療に抵抗がある方には、入れ歯治療をおすすめしています。

入れ歯には自費診療のものと保険適用のものがあります

メリット 自費診療の入れ歯の場合
素材や治療法が自由に選択できるので、希望どおりの仕上がりが得られる
保険適用の入れ歯の場合
保険が適用されるため、費用がリーズナブル
デメリット 費用が比較的高額になる 素材や治療法が限られており、仕上がりの品質を追及することができない

当院の取り扱い入れ歯

レジン床入れ歯

歯科用樹脂(レジン)で作られた入れ歯。保険適用のためリーズナブルです。

メリット デメリット
  • ほとんどの症例に適用可能
  • 費用がリーズナブル
  • 修理が簡単
  • 破損しやすい
  • 装着時に多少の違和感がある
  • 食べ物などの温度が伝わりにくい
金属床入れ歯

レジンの代わりに金属(ゴールド・チタン・コバルト)を使った入れ歯で、薄く仕上がります。扱いやすく、装着に違和感が少ないのも特徴です。食べ物の熱が伝わりやすいので、食事をおいしくいただけます。

メリット デメリット
  • 薄いので話しやすい
  • 違和感が少ない
  • 食べ物などの温度が伝わる
  • 割れにくく、変形しにくい
  • 修理しにくい場合がある
  • 金属アレルギーの方には適用できない
ノンクラスプ
デンチャー

従来の入れ歯にある金属のバネを使わない入れ歯。バネがないので見た目がきれいで、装着の違和感が少ないのが特徴です。

メリット デメリット
  • 金属のバネがなく目立たない
  • 違和感が少ない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 修理しにくい場合がある
マグネット
デンチャー

強力な磁石を、残っている歯と入れ歯それぞれに取り付けて固定する入れ歯。ずれやもたつきをなくします。

メリット デメリット
  • 外れにくい
  • 取り外しが簡単
  • お手入れがしやすい
  • 金属のバネがなく目立たない
  • MRIなどの検査の際にははずす必要がある
  • 心臓ペースメーカーを使っている方には適用できない

インプラントも入れ歯も、患者さんのお口の状態によって治療法が異なります。ぜひ一度ご来院いただき、お話を聞かせてください。そのうえで、一人ひとりに適した治療法をご提案させていただきます。