大切なのは予防すること

虫歯治療のために歯医者さんへ行ったことがあるという方は多いと思いますが、では治療が終わった後に、定期的に検診は受けていますか?

虫歯治療を繰り返すと、だんだん歯が弱くなってしまいます。これは、虫歯になった部分を削る治療をするため。歯が弱くなると再び虫歯になる可能性も高くなってしまいますので、より丁寧なケアが必要になります。

そこで重要になるのが、定期的に検診を受けていただくこと。1年に1度は健康診断を受けるように、少なくとも半年に1度は歯科検診を受けて、常にお口の中を健康な状態にしておきましょう。

予防歯科とは?どんなメリットがあるの?

「予防歯科」とは、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、虫歯や歯周病などのお口の病気になる前にお口の健康を維持する診療メニューで、近年では痛くなってからの治療より主流となりつつあります。定期検診を受け、そのときのお口の状態や年齢、生活環境に合わせた歯みがきや治療を行い、お口の健康維持をしていきます。

では、予防歯科にはどんなメリットがあるのでしょうか?

お口の中をきれいにできる

専門家によるクリーニングで、お口の中をきれいにします。気になる口臭のもとでもある汚れもしっかり除去。ツルツルの歯になります。

お口の健康を維持できる

違和感を覚えて気が付く虫歯や歯周病。しかし気が付いてから(進行してから)治療しては、お口の中や歯に大きなダメージを与えることになります。定期的に確認することで、お口の状態が把握でき、健康な状態を維持できるようになります。

負担を軽減できる

虫歯や歯周病に気が付いたとき、それはだいぶ進行していることがほとんどです。進行の度合いにもよりますが、治療時間、身体的負担がかかり、それに比例するように治療費も増加します。しっかり予防しておけば、身体的負担はもちろん、治療費の負担も軽減します。

予防歯科の検査内容や実際の処置について

予防歯科でどのように検査をして、どのような方法で処置していくのかをご紹介します。

検査内容

お口の状態を確認するためには、「唾液検査」と「染めだし」の2種類方法があります。

唾液検査(予防ファクター検査)

唾液は、お口の環境を整えるために重要な役割を持っています。唾液を検査することで、お口の状態(唾液量・虫歯菌が作る酸への中和力・虫歯菌の数)を確認できます。

染めだし(プラークチェック)

染めだし液を使い、みがき残しなどの問題点を見つけ出します。色が染まった部分が虫歯菌や歯周病菌が潜むプラークがある部分。赤く染まるので実際に目で確認できます。

処置内容

お口の状態が確認できたら、次は実際に予防するための処置を行います。

歯みがき指導

一人ひとりのお口の環境や年齢、生活習慣によって適切なみがき方は違ってきます。正しい歯みがき方法を覚えてお口の中の環境を整えましょう。

フッ素塗布

フッ素は歯を強くするといわれています。これを、直接歯に塗ります。定期的に塗布することで、予防効果が期待できます。

クリーニング(PMTC)

歯科衛生士が、専用の器具を使って歯みがきでは取れないプラークなどを除去します。ツルツルに仕上がるため、汚れの付きにくいきれいな歯になります。

シーラント

奥歯の溝は歯みがきが行き届かず、みがき残しをしてしまいがち。その溝を歯科用の樹脂でカバーすることで、虫歯を防ぎます。生えたばかりの永久歯に有効です。

噛み合わせ検査

噛み合わせや歯並びが乱れていると、歯みがきがしにくく、虫歯や歯周病の原因になるほか、体のバランスに影響し、肩こりや頭痛といった症状を引き起こすおそれがあります。噛み合わせ検査を行い、噛み合わせや歯並びの乱れを整えることで、お口の中だけではなく、全身の健康維持にもつながります。

生活習慣指導

お口の環境をよくするには、生活習慣の見直しが必要な場合もあります。生活習慣に問題がある場合は、普段の生活でできる予防法を一緒に考えていきます。

3DS

3DSとは、歯の表面に虫歯菌を除去するための抗菌剤を塗る予防法です。この処置を行うと、歯の表面に虫歯菌の付着を防止する膜ができ、虫歯になりにくくなります。膜をつくるためには1週間ほどかかりますが、効果は3~6か月続きます。

当院では歯科衛生士が常駐し、患者さんに合わせて各種予防処置を行っています。また、ご希望の方には「歯科ドック」も行っています。お口の健康を長く維持するためにも、ぜひ定期検診を受け、歯を大事に守ってください。